Skip to main content

日本におけるロイズへようこそ 

日本におけるロイズ 

ロイズが最初に日本に代理店を置いたのは1868年のことです。そして、1900年代前半からは、最初の海外再保険者として日本の保険マーケットの成長を支えてきました。ロイズは、今日においても重要な再保険の提供者ですが、1997年より日本の現地法人であるロイズ・ジャパンを通して、専門的な企業向保険ソリューションを提供しています。私達のお客様は、日本の経済を牽引し繁栄させる企業経営者の皆様です。規模、多様性、財務の強みを有する専門的な 保険・再保険市場にアクセスするためにロイズにお越しになります。‘

ロイズは、火災・新種・海上保険の様々な分野でテーラーメイドの保険・再保険を提供いたします。また、高価品・美術品、テロ、輸出取引信用、興行中止、表明保証を始めとした専門性の高い保険商品を提供いたします。

地域の中での私達の活動

ロイズは、地域社会の中においても、人々の生活を向上し、回復する力をつけていくことを期待されています。ロイズのTogether programmeを通じて、雇用につながる能力と教育、持続可能な環境、社会福祉と健康、災害の心構えと救済に焦点をあてた取り組みによって地域社会を支援しています。

ロイズ市場は、多様性を支持しており、先頭に立って、私達の業界に、開かれた参加しやすい文化を奨励しています。2018年には、ロイズは東京において、職場での多様性と包摂を応援する、最初のDive inのフェスティバルを開催いたしました。

  • Accident & Health
  • Agriculture & Hail
  • Aviation
  • BBB/Crime
  • Cargo
  • Casualty
  • Contingency
  • Cyber
  • Difference in conditions
  • Directors & Officers
  • Employers Liability
  • Energy
  • Engineering
  • Extended Warranty
  • Financial Institutions
  • Fine Art
  • Legal Expenses
  • Livestock & Bloodstock
  • Marine
  • Medical Expenses
  • Medical Malpractice
  • Motor
  • General Liability
  • Nuclear
  • Pecuniary
  • Personal Accident XL
  • Political Risks, Credit and Financial Guarantee
  • Power Generation
  • Professional Indemnity
  • Property
  • Space
  • Specie
  • Term Life
  • Terrorism
  • Yacht

日本におけるロイズのビジネス 

ロイズは、2016年、日本のビジネスにおいて6億43百万米ドルの総収入保険料を計上しています。

ロイズは、火災・新種・海上保険の保険/再保険を引き受けます。

種目

保険料

財物

45%

海上

25%

エネルギー関連

19%

賠責・新種

6%

航空

4%

特殊リスク

2%

傷害・医療

1%


Crystal

規制や税制についての情報を提供(Crystalは英語版です)

Risk locator

規制や税務の対応を目的として、リスクの所在地を特定するガイダンス(Risk locatorは英語版です)

私たちのオフィス

ロイズ・ジャパン株式会社

〒100-0013 東京都千代田区霞が関3-2-6 東京倶楽部ビルディング

ツール類へのリンク